特別な一日を 京の迎賓館でウェディング

メニュー

長楽館について

長楽館は、明治時代の実業家で「煙草王」と称された実業家・村井吉兵衛により国内外の賓客をもてなすための迎賓館として明治42(1909)年に建築されました。

伊藤博文、大隈重信など明治という時代を彩った人々や、米財閥ロックフェラーなど各国から要人が訪れています。

「長楽館」の名付け伊藤博文で、東山の眺望を詠んだ伊藤博文の漢詩にちなみ命名されたといわれており、昭和61年には京都市指定有形文化財に指定されています。

現在はレディースホテル、喫茶・レストランとして使用されおり、西の鹿鳴館といわれたております。外から見ても中から見てもこだわりの建築です。

人前式について

二階中三階にて行えます

新郎・新婦のひな壇

新郎・新婦は3階よりひな壇に。

家族・友人・関係者は2階フロアーから神前式を見れます。

2階フロアーの閲覧場所です。

重厚な雰囲気を醸す踊り場のある階段、壁面には姿見付の家具や華やかな照明、ベージュの壁に深紅の絨毯というコントラスト優雅な空間をお楽しみ頂けます。

披露宴会場(フレンチレストラン ル シエーヌ)

披露宴会場(フレンチレストラン ル シエーヌ)は、イギリス・ヴィクトリア調のネオ・クラシック様式。
暗いホールとは対照的に明るく、天井や壁には美しい植物模様のレリーフ、豪華なシャンデリアなど、細かな点にまで装飾が施されています。

受付・ロビー

暖炉・お花は優雅に客人を迎えてくれます。

ゲストルーム(接遇の間)

ゲストルーム(接遇の間)は、賓客方々に優美な装飾がほどこされたロココ調の花台、姿見付き化粧台など、美しい部屋でおもてなしを

鳳凰の間(国内外の賓客のためのゲストルーム)

西と南、2面の大きな窓から自然光が注ぐ、明るい雰囲気に包まれた一室。

国内外の賓客のためのゲストルームとして使用されました。

現在はカフェとして、また展示会やビュッフェパーティーの場として、気品ある空間を演出

場所

京都市東山区八坂鳥居前東入円山町604
  • 長楽館
  • 〒605-0071
  • 京都市東山区八坂鳥居前東入円山町 604
  • Tel. 075-561-0001

アクスス方法

  • お車でお越しの方:お車でお越しのお客様は専用駐車場(約10台)にお停めいただけます。
  • JR京都駅からタクシー:ホテルへお越しのお客様は長楽館東側正面玄関よりお入りください。
  • JR京都駅から市バス:206番または100番にて祇園で降車ください。(所要約30分
  • 阪急河原町駅から徒歩:一番出口を出て、四条通を通り八坂神社方面に徒歩15分
  • 京阪四条駅から徒歩:6番出口を出て、八坂神社方面へ徒歩10分

ホテルへ向かう道中には、風情あふれる祇園の街並み、八坂神社、など、観光スポットもあるので、京都観光を楽しみつつ、ホテルまで向かうのがおすすめです。
※長楽館北側は円山公園が広がっております。

カフェ・レストラン・バーでまず、先に行かれる事をお勧めします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です