サーモグラフィーおすすめ(研究開発、設計、品管)ハイエンドモデル

サ-モグラフィーは非接触で温度が測定でき、目でみてもわからない表面の温度差を検知することができる測定器になります。今回ご紹介する機器は、環境測定器を販売しているtesto社から、研究開発、設計、品質保証部門に多数の実績があるハイエンドモデルtesto890です。2019年12月末までキャンペーンをされておりお得な価格にて販売されておりますのでご紹介させて頂きます。

メニュー

赤外線サーモグラフィtesto890

キャンペーン期間:現時点~2019年12月末まで
標準価格¥1,880,000円(税別)⇒キャンペーン価格¥1,480,000円(税別)販売中

主な仕様

  • デジタルカメラ搭載のハイエンドサーモグラフィ: 640×480画素、標準搭載のSuperResolutionで1,280×960画素を実現、40mK(0.04℃)以下の温度分解能で高画質
  • 42°標準レンズ、25°レンズ、15°望遠レンズから2つのレンズを選択可能
  • 動画・インターバル記録機能(オプション)、表面湿度表示機能、場所認識機能、パノラマ画像アシスタント、JPEG保存機能
  • 豊富なアクセサリが付属:交換用望遠レンズ(オプション)、携帯ケース、専用ソフトウェア、SDカード、ACアダプタなど

testo 890は、テストーのサーモグラフィで最高の640×480画素の検出器をもつ、高精細の最上位モデルです。工業および建築分野での熱診断のあらゆる要件に対応します。

プラントの高温測定や電子基板の解析、ソーラーパネルの管理などの工業分野から、建築物診断、エネルギー診断などのあらゆる用途に対応します。

3倍望遠・6倍超望遠レンズにも対応

  • 標準レンズでは対応できない距離にある対象には、望遠レンズをお使いいただけます。
  • testo 885は11°望遠と5°超望遠、890は15°望遠と6.6°超望遠レンズに対応しており、それぞれ望遠レンズは標準レンズの約3倍、超望遠レンズは約6倍で撮影できます。
  • SuperResolutionと併用し、遠くの対象物も鮮明に捉えることができます。
  • 標準/25℃/望遠レンズを選択できます。複数レンズ付のセットもございます。
  • 温度データ付動画記録機能でトレンド解析 (オプション)

  • オプションの温度データ付動画記録機能を追加すると、熱画像のトレンド解析が可能になります。
  • 25Hz温度データ付動画記録

  • PCと接続して記録します。短時間での温度の変化を捉えるのに適しています。
  • ポイントのトレンドグラフやプロファイルの作成や、特定の時点を画像ファイルとして取り出すことができます。
  • ファイル形式は汎用のMPEGなどに変換可能です。
  • インターバル撮影(ロギング)

  • カメラ本体*もしくはPCと接続して3秒以上の任意の間隔で自動撮影できます。長時間の変化を監視するのに便利です。
  • 撮影データはビデオファイルとして保存でき、ソフトウェアでトレンド解析が可能です。
  • 撮影時の温度校正用の内部シャッターは、撮影と重ならないように自動的に調整されます。
  • LabVIEW 対応専用ドライバーはホームページよりダウンロード可能です。
    ※LabVIEWは、National Instruments Corporationの商標です。
  • 製品の詳細

    赤外線サーモグラフィのハイエンドモデルtesto 890は、次のような用途に最適です:

  • 高温測定の安全な実施
  • 建物の外壁を一目で分析
  • 電気設備の保守点検の一環としての定期点検
  • 回路基板上の温度状況を可視化
  • 詳細なエネルギー診断
  • エネルギー供給システムの分析
  • 場所認識機能で自動データ整理でトレンド解析

    場所認識機能は、定期点検などでの多くのデータを効率的に自動で管理する機能です。 付属のソフトウェアのデータベース画面に、点検設備を事前に登録します。登録した設備に対して2次元コードが発行されるので、このコードを設備に貼るか、点検シートに印刷します。そして、点検の時にこの機能を使うと、2次元コードリーダーが起動してコードを読み、熱画像モードになって熱画像を撮影します。画像にはコード情報が保存され、PCに取り込むと、各コードから事前に登録したデータベースに仕分けられます。この機能により、面倒なデータ整理が簡単になります。

    testo 890 赤外線サーモグラフィの詳細

  • 最大307,200の温度測定ポイント:640×480画素の検出器で、正確な検出を実現。標準搭載のSuperResolutionで最高1,280×960の超高精細画像を実現
  • 40mK(0.04℃)以下の温度分解能により、わずかな温度差も測定可能
  • 熱画像はJPEG形式でも保存可能
  • 動画記録機能(オプション): PCと接続して25Hzの温度データ付き動画記録とインターバル自動撮影が可能。インターバル撮影はカメラ単体でも可能なので、より手軽に操作できます
  • リストストラップと回転式ディスプレイのカムコーダ型設計により、簡単に撮影可能。カメラを片手で快適に操作し、さまざまな角度から撮影
  • パノラマ撮影: パノラマ画像アシスタントにより、撮影時に複数の異なる画像1つのパノラマ画像として結合し、建物の外壁全体の熱画像を撮影することが可能。個々の画像の分析や結合にかかる労力を省き、1枚の画像で解析が可能
  • 場所認識(自動データ整理)機能: 定期点検など、類似の測定対象を認識し、熱画像を自動的に関連付けてアーカイブ保存
  • 最高1,200℃の高温測定(オプション):高温測定オプションにより、+1,200℃までの温度測定が可能
  • 表面湿度表示機能:カビの発生リスクがある場所を検出する測定モード。周囲の温度と湿度をカメラに手動入力すると、室内の露点を演算。サーモグラフィが測定した表面温度の値と露点を比較し、カビの発生リスクをディスプレイ上に赤、黄、緑で表示
  • <体表温度検知(オプション):交通機関や人が多く集まる場所で、体の表面温度が他より高い人を示す機能です。公衆衛生保護のスクリーング用のもので、実際の体温とは異なるため、医療用の体温測定には使用できません/li>
  • ボイスレコーディング機能: ヘッドセットを使って撮影時のコメントを保存可能(画像にコメントを追加)
  • LED照明付きのデジタルカメラ内蔵: 各熱画像に対応する鮮明な可視画像を撮影し、書類生成や関連付けを簡単に実行
  • 片手でカメラを簡単に操作し、画像のぶれを軽減できるオートフォーカス
  • 交換可能なレンズ(オプションでレンズの追加が可能)
  • 最短焦点距離:10cm
  • 付属専用ソフトウェアtesto IRSoftを使い、PC上で熱画像の解析が可能
  • レンズ

    次の3種類のレンズから1つを選択可能

    42° x 32° 標準レンズ:

    25° x 19° レンズ:

  • 予知保全などの用途に最適
  • 15° x 11° 望遠レンズ
  • 中距離~遠距離撮影で鮮明な画質を実現

    同梱品

    testo 890 サーモグラフィには以下のアクセサリが付属しています

  • レンズ(42°標準レンズ、25°レンズまたは15°望遠レンズから1つを選択)
  • 専用ケース
  • 解析用ソフトウェア
  • SDメモリーカード
  • USBケーブル
  • ストラップ
  • クリーニングクロス
  • ACアダプタ
  • バッテリ
  • 取扱説明書
  • 出荷検査書
  • 近接撮影に最適
  • 広い視野角
  • テクニカルデータ

    アプリケーション

    電気機器のメンテナンス用に

    電気機器やケーブルに欠陥があったり、機能不全に陥る前には、負荷がかかっている部分の温度が上昇します。テストーのサーモグラフィを使えば、システムの低中高電圧の温度上昇が一目でわかります。熱画像によって問題のある部品や接続を早期発見できるので、事前に予防措置をとることができます。そのため、生産システムのダウンタイムにかかるコストや危険性を大幅に減らすことが可能です。

    赤外線サーモグラフィの代表的な用途:

  • 電気設備の接続不具合の確認
  • 太陽光発電システムのモニタリングと検査
  • 機械メンテナンスの点検業務用
  • 建物の外壁分析

    大きな建造物の熱画像の撮影にはいくつか課題があります。壁や道路、近隣ビル周辺の安全地帯などの空間的な制限のため、1枚の画像で測定対象を捉えられないことがあります。その場合でも、テストーのサーモグラフィなら必要な概要が得られます。パノラマ撮影機能を使うと、ビル外観の複数枚の画像を1枚の画像として合成することができます。ビルの外観全体を確認できるので、温度異常による問題箇所が見つけやすくなります。

    総合的なエネルギー効率の改善策を提案

    赤外線による熱画像診断は、建物の冷暖房システムのエネルギー損失を素早く効果的な分析するのに役立ちます。テストーの赤外線サーモグラフィは高い温度分解能のため、断熱が不十分な箇所や冷橋(コールドブリッジ)を鮮明に写しだすことができます。窓枠やドア、ブラインドカーテン、ラジエーターの隙間、屋根裏の構造や建物全体のエネルギー損失を記録し、レポートを作成するのに最適です。メンテナンスや総合的な診断用のツールとして、エネルギー効率の改善策をクライアントに提案することができます。

    回路基板上の熱異常を正確に検知

    研究開発分野では、サーモグラフィは回路基板上などの温度分布の目標値と分析にも使用されます。回路基板上の電子部品は小型化が進み、熱放散に関する課題が増えています。この業務には、高い温度分解能をもつ高精度なサーモグラフィが必要です。加熱と冷却プロセスを時系列で分析し、熱伝達の最適化をはかるために、テストーのサーモグラフィの動画記録機能が役立ちます。

    アクセサリー

    お問合せ先

  • 会社名: 株式会社テストー
  • 〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-2-15 パレアナビル7F
  • TEL.045-476-2288 FAX.045-476-2277
  • info@testo.co.jp
    • コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です